山口園

結納とは、婚礼に次ぐ大切な儀式です。
婿方、嫁方の双方結婚を承諾すると、早速嫁方に寿美酒を収めます。
その後、双方直接に又は仲人を介して相談の上吉日を選び、結納の式を挙げます。

「結納」のその意味は、「どんなことがあっても変更しません」ということを示す儀式のことです。
「婚約者以外のものとは結婚しない」という誓いであります。
日本古来のおくゆかしいこの礼儀のもと忘れず先方に敬意ををあらあわす方法として、
地方々々習慣をも尊重してできる限り鄭重にもっとも厳粛になされるのが本当です。

山口園では、この大切な儀式の為の結納品をすべて手作りし、心をこめてお届けしています。


全ての結納品一覧はコチラから>>


結納についてのワンポント

結納の心得
御結納の取り交わしは吉日を選び、なるべく午前中にすますのが慣例となっています。
本来は、御仲人様が婿方で御結納の品を受け取り嫁方に持参するのですが、今日では御仲人様と婿方が一緒に嫁方に行く方が多いようです。
嫁方では、玄関であまり言葉をかわさず、定められた場所へ通り、「お床を拝借致します」とお断りして持参の品を並べ、双方の挨拶を交わします。
嫁方では目録と結納品を照合し、受書(結納の受取書)を渡します。
御結納受け渡しの挨拶が済みますと、祝膳を出して饗応致します。
御結納が滞りなくすみますと、嫁方では、挙式の日まで結納の品々を床の間に飾り、御親戚やお友達を招待して披露致します。

御仲人様または婿方の挨拶例
“本日はお日柄も宜しくおめでとう御座います。
この度はご丹精にお育てのお嬢様をご無理申しましたにも関わらず、ご承諾下さいましてありがとう存じます。
本日は誠に吉日でございますので、お約束のお印に結納を持参いたしました。
幾久しく御受領くださいますようお願い申しあげます。”

嫁方の答礼例
“誠に御丁寧なお言葉を賜りましてありがとう存じます。
その上結構な御結納の品を頂きまして厚く御礼申し上げます。
幾久しく受領致します。”